Menu

供託手続

Home

供託手続

供託手続とは?

供託手続とは、法令の規定に基づいて、金銭・有価証券・その他の財産を供託所に提出して、その財産の管理を委ね、最終的には、その財産をある人に受領させることによって、一定の法律上の目的を達成するための制度です。

供託の種類

弁済供託 家賃・地代の弁済等、債務を免れるためにされるもの。
執行供託 強制執行等があった場合にされるもの。
保証供託 特定の相手方が被る損害を担保するためにされるもの。
没取供託 選挙供託等、制度の濫用の防止のためにされるもの。
保管供託 供託物そのものの保全のみを目的としてされるもの。

供託物の払渡し

還付請求 被供託者が、供託所に対して、供託物の払渡しを請求する行為。
取戻請求 供託後に供託原因が消滅したこと等による、供託者が、供託所に対して、供託物の払渡しを請求する行為。