Menu

相続・成年後見

Home

相続

相続とは?

人が死亡した場合に、その人(被相続人)が有していた財産及び地位が、被相続人と一定の関係にある人(相続人)に受け継がれることを「相続」といいます。

■「死亡」には、行方不明の状態が一定期間経過したため、法律上死亡したものとみなされる場合(失踪宣告)も含まれます。

■受け継がれる「財産」には、プラスの資産だけでなく、マイナスの資産も含まれます。

遺言書作成について

相続、遺産配分において、家族間、親族間のトラブルを未然に防ぐ手段です。
ご家族、ご親族の将来のためにも、ご健在の内に作成されることをお勧めします。
遺言の効果

遺言の効果

遺言は要式行為(定められた方式によることを必要とする 行為)であり、定められた方式に違反する遺言は無効となります。

せっかく作成された遺言が無効となるようなことがありませんよう是非ご相談下さい。

成年後見制度

成年後見制度とは?

どんな人でも、年齢を重ねるにつれ、判断能力が衰えてきます。また、精神的な障害により、判断する力が不十分な人もいます。

そのような場合、成年後見制度を利用することで、本人を支援する人=後見人が選ばれ、主に法律面でさまざまなサポートを受けることができます。
こんな時はご相談ください

こんな時はご相談ください

・ 管理しなければならない財産をいろいろ持っている。

・ 施設に入いる、又は入っている。

・ 悪徳商法などに引っかからないために。

・ 相続に伴い、遺産分割が必要。

成年後見は以下の2つに分けられます

法定後見

判断能力の低下した親族・身内を援助する。

・ 一人暮らしの母親が訪問販売等で不要な物を買ってしまう。
・ 息子に知的障害の疑いあり、両親が亡くなった後が心配。
・ 寝たきりの両親からお金や財産の管理を頼まれた。

など、もうすでに物事の判断能力が低下してしまっている場合に利用します。

本人かその家族(身内)などが家庭裁判所に申し立てをする事で、その程度により、「後見人」「保佐人」「補助人」が家庭裁判所により選ばれます。

そして本人の行動は法律に守られる事になりますので、上記のようなトラブルを避けることができます。

任意後見

将来、自分を援助してくれる人を選任したい。

・ 残資産管理や老人ホームの入所を変りにやってほしい。
・ 入院したら入院費費用の支払いはどうしよう。
・ 将来、自分が認知症になったらどうしよう!

など、今現在は問題なくとも、将来にそなえておきたい人は、「任意後見」の制度を利用します。

自分が元気なうちに、財産や身のまわりのことを引き受ける人の「後見人」を自分で選んで、判断力が低下してきた時に、財産や権利を守ってもらおうという制度です。

成年後見の費用について

・法定後見申立 100,000円
・任意後見契約 100,000円

※これは司法書士の報酬の平均です。個々のケースにより異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

※別途消費税・実費等が必要となります。予めご了承ください。