Menu

不動産登記

Home

不動産登記とは?

不動産登記とは、不動産 (土地・建物) の物理的現況とその権利変動を登記簿に記載・記録(公示)して不動産取引の安全と円滑を図る制度です。

「表示に関する登記」と「権利に関する登記」がありますが、「権利に関する登記」は不動産に関する権利変動を第三者に対抗するためにされるものです。

お持ちの不動産に、次のような権利変動や登記事項の変更があった場合には早めに登記をしておく 必要がありますので、ぜひ一度ご相談ください。

こんな時はご相談ください

こんな時はご相談ください。

・建物を新築した時

・土地や建物を売買した時

・土地や建物を贈与した時

・土地や建物の所有者が死亡した時

・不動産を担保にお金を借りた時、
 返済を完了した時

新築

建物を新築した際には、建物の所有者は、まず表題登記を申請し、その後所有権保存の登記を法務局に申請します。
建物表題登記は土地家屋調査士さんの仕事ですが、当事務所では提携の土地家屋調査士事務所をご紹介いたします。

売買

不動産の売買をする際には、すみやかに登記手続きをしておくことをおすすめいたします。
通常は不動産の売買代金の決済に司法書士が立会い、同日中に所有権移転の登記を法務局に申請します。
不動産の売買による所有権移転の登記をする際は、売主・買主の本人確認及び意思確認、登記簿上の住所や氏名に変更がないかの確認いたします。
また、抵当権等の担保権が設定されている場合は、あわせて抹消の手続きをするのが 一般的です。

贈与

不動産を贈与する際は、贈与者から受贈者へ所有権移転の登記を法務局に申請します。
ただし、不動産価格によっては贈与税がかかる場合がありますので、提携の税理士さんと連携してお客様にとって最良の方法を選択し、手続きをさせていただきます。

抵当権の抹消

住宅ローン等を完済した際には、土地や建物に設定されている(根)抵当権抹消の登記を法務局に申請します。
借入先の金融機関から、抹消登記に必要な書類一式が送られてきますが、すみやかに登記手続きをしておくことをおすすめいたします。
必要に応じて、前提の登記申請(相続登記・所有権登記名義人表示変更登記等)をしなければならない場合があります。

不動産登記の流れ

不動産登記の流れ

不動産登記の費用について

司法書士報酬+登録免許税・登記簿謄本等実費

 【司法書士報酬一覧】

 ●所有権(普通の新築居住用建物)保存登記
   ¥30,000

 ●所有権移転(売買:土地1000万)登記
   ¥50,000

 ●所有権移転(売買:土地1000万、中古建物1000万)登記
   ¥55,000

 ●所有権移転(同上)登記で、減税証明書を取得
   ¥60,000

 ●所有権移転(同上)の(登記原因証明情報作成を含まない)売主費用
   ¥15,000

 ●所有権移転(同上)の(登記原因証明情報作成を含む)売主費用
   ¥28,000

 ●所有権移転(売買:土地1億、中古建物1億)登記
   ¥98,000

 ●所有権移転(相続:土地1000万、建物1000万)登記
   ¥70,000

 ●所有権移転(相続:土地1億、建物1億)登記
   ¥105,000

 ●(根)抵当権抹消登記
   ¥15,000

 ●住所変更(更正)登記
   ¥12,000

 ●抵当権(3000万)設定登記
   ¥40,000

 ●共同根抵当権(3000万)設定登記
   ¥48,000

 ●(根)抵当権(合併:3000万)移転登記
   ¥22,000

 ●共同根抵当権(3000万極度額増額)変更登記
   ¥48,000

 ●1番・2番順位変更登記
   ¥22,000

 ●3番・4番(土地)、1番・2番(建物)順位変更登記
   ¥32,000

 ●(根)抵当権(債務者等)変更登記
   ¥20,000

 ※これは司法書士の報酬の平均です。個々のケースにより異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

 ※別途消費税・登録免許税・実費等が必要となります。予めご了承ください。